ロボコップ リメイク

ロボコップ リメイク

ロボコップ リメイク


予告を見る限り、初めから元の人格があるみたいな感じですな。
一度意識を消されて最後にまた復活する感じでしょうか。
全米公開は2014年予定。日本ではいつ?
新ロボコップに抜てきされたのは、映画『ドラゴン・タトゥーの女』などに出演した
スウェーデン人俳優ジョエル・キナマン。


前のロボコップよく見ましたね~ TVで。
ロボット刑事Kのほうが先なんですよね。
どちらもリアルタイムでは見ていませんが、日本の特撮やアニメが影響を与えたなんて話はよくあります。
しかしどこかの国と違ってパクリではないということ。


パクられたことを誇りに思え!なんて開き直る国の話は置いといて。
リメイク版ロボコップは見てみたいですね。
昔と違ってダークヒーロー的な感じがしますが、熱き正義の血潮が流れているに違いない。
舞台はデトロイトなんでしょうか?破綻して今や映画のように犯罪都市となっているみたい。


そういえば、ある意味ダークヒーロー化した実写版『ガッチャマン』、苦戦しているようですね。
まぁ当然の結果ですな。完全に戦略を間違ったと思います。
アニメの実写版、ダークヒーロー化すると必ずこけるというジンクスは破れなかったようです。



実写版 機動警察パトレイバー 新ビジュアル

実写版 機動警察パトレイバー 新ビジュアル


実写版 機動警察パトレイバー 新ビジュアル 実写版 機動警察パトレイバー 新ビジュアル

新ビジュアル、公開されてたんですね。
8/15より台湾・台北で開催された「台湾国際漫画博覧会」で発表されたらしい。
デザインは8月のはじめ頃にTwitterに投稿されまくっていたものと同じみたい。


公式サイトは相変わらず動きはないようですが、はたしてどんな世界観になるのか。
たぶん原作を忠実にという感じにはならないと思いますが、そろそろ情報を出してもいいと思うんですけど。


ふと気づきましたが、 T.N.G ですやんか T.N.G


THE NEXT GENERATION – PATLABOR –


ブルー 初めての空へ

ブルー 初めての空へ

ブルー 初めての空へ


『 ブルー 初めての空へ 』・・・
題名だけを見て、えっ!ブルーインパルスの映画か!?と思ってしまった。
名前も体もブルーなインコのお話だそうな。
『アイス・エイジ』や『ロボッツ』などを手がけたブルースカイ・スタジオが制作したCGアニメーション映画。
アン・ハサウェイが声の出演してるらしい。ブルーの花嫁候補ジュエルの声か?


イオンシネマでの限定上映。
大阪では北の方と南の方にしかなく。人が集まる都市部にないんですよね。
イオンは近くにありますが。


映画「ブルー 初めての空へ」公式サイト



マン・オブ・スティール 公開

マン・オブ・スティール 公開

マン・オブ・スティール 公開


私の中でスーパーマンといえば・・・


4代目 クリストファー・リーヴ
6代目 トム・ウェリング
7代目 ブランドン・ラウス
の三人が印象に残ってますね。


4代目クリストファー・リーヴ、あの落馬事故がなかったらね~
2004年に亡くなられてますが、一番印象に残ってるかな。
子供の頃にTV放送される時は必ず見ていたように思う。
吹替えは ささきいさお さんで。


6代目トム・ウェリングはテレビシリーズ『ヤング・スーパーマン』。
結構長いことやってました。2001年から2011年、シリーズにして10作。
クラークが高校生から始まってスーパーマンになるまでを描いている。 例のスーツは着てません。


7代目のブランドン・ラウス、最近では『CHUCK/チャック』に出てましたね。
結構悪役でした。
スーパーマン リターンズ』は今のところ劇場で見た唯一のスーパーマン。


そして現在公開中の『マン・オブ・スティール
主演はヘンリー・カヴィル
3人と比べるとちょっとワイルド系?
スーパーマン リターンズ』の時も候補に上がったとか。
スーツの質感がかなり変わっております。 養父の役でケビン・コスナーが出ている!
既に続編の公開も決定している。
見に行くかも知れない・・・


映画『マン・オブ・スティール』公式サイト


スティーブ・ジョブズ 予告編

スティーブ・ジョブズ 予告編

スティーブ・ジョブズ 予告編


デザインのお仕事用のMacを買おうと思いつつWinを使い続けている私。



2011年に逝去したアップル社の創業者、スティーブ・ジョブズの伝記ドラマ。
天才と­称される一方で非情な人間とも伝えられた彼が歩んだ、波瀾(はらん)万丈な人生を追い­掛けていく。
メガホンを取るのは、脚本家としても活躍してきた『ケビン・コスナー チョイス!』のジョシュア・マイケル・スターン。
キャストには、『抱きたいカンケイ』­などのアシュトン・カッチャーや『イノセント・ガーデン』などのダーモット・マローニ­ーなど、実力派が結集。ジョブズにふんしたアシュトンの成り切りぶりは必見。
配給:ギャガ
© 2013 The Jobs Film,LLC.

映画『スティーブ・ジョブズ』公式サイト

映画『スティーブ・ジョブズ』 – シネマトゥデイ



実写版 機動警察パトレイバー

実写版 機動警察パトレイバー

実写版 機動警察パトレイバー

実写版 機動警察パトレイバー


なにやらTWitterに 実写版 機動警察パトレイバー の撮影風景が投稿されまくっている。
公式サイトに動きはないようだが・・・
まぁ動くシーンはCGなんでしょうが、トレーラーに載っている状態は実物大のモックアップで撮影するんでしょう。撮影が終わったらどこかで展示してくれるんでしょうかね~


真野恵里菜が野明役に決まったって本当なのか?
真野恵里菜って誰?アイドルらしいんですが、私は知らないです。
検索してみたんですが、写真を見る限り雰囲気はいいんじゃないですか。雰囲気は。
鼻の形がきになりますが・・・


この噂が本当なら、キャストの傾向は決まりましたな。
遊馬は一線級ではないジャニーズあたりではないか。


THE NEXT GENERATION – PATLABOR –


実写版 ルパン三世

実写版 ルパン三世

これじゃないですよ~~

実写版 ルパン三世


またもやアニメの実写化。前々から噂は聞いてましたが。
ルパン三世、大変興味がありますが、それ以上に非常~~に心配。
ルパン = 小栗旬、次元 = 櫻井翔、五ェ門 = 妻夫木聡
話題性だけでいえば妥当な線かな~ あと当然ですが日テレが制作なんで櫻井翔の起用は致し方なし。
小栗 & 妻夫木 は『天地人』の兼継と三成ですやんか!この二人は問題ないかな。
櫻井の次元が一番心配かな。そうヘタでもないと思うけど、二人と比べるとやはり・・・


あと、とっつあんが香川照之でしたっけ? なんとも豪華というかギャラが大変というか。


不二子ちゃんだけがなにやら思わせぶりな報道。
候補の中から演技力で選ぶなら長澤まさみか柴咲コウかな~
米倉涼子、藤原紀香の名前も上がっているようですが、私的には米倉涼子がイチオシ!


キャストの正式発表が待たれますが、スタッフも重要!特に脚本が誰になるのか注目しています。


実写版 タイガーマスク ガッチャマン

実写版 タイガーマスク ガッチャマン

実写版 タイガーマスク ガッチャマン

© 2012「タイガーマスク」製作委員会

実写版 タイガーマスク ガッチャマン

© タツノコプロ/2013「ガッチャマン」製作委員会

実写版 タイガーマスク ガッチャマン


アニメの実写版、どうしてこうダークなイメージに変更するんでしょうね。
アニメとは違ったイメージにというのは分かるんですが、大概失敗してますよね。
はたしてこの2作品はどんな感じに仕上がってるんでしょうか。


特殊マスクを装着するとタイガーマスクに変身するという設定だそうな。
平成ライダーシリーズや、メタルヒーローみたいな設定ですな。
ウェンツはどう見てもレスラー体型ではないので、体型も変わるってことなんでしょうか。


実写ではなくCGですが、『キャプテンハーロック』の方が期待持てるような気がするんですがね~ んふんふ


宮崎駿最新作「風立ちぬ」 主演は庵野秀明

ジブリ 風立ちぬ

ジブリ 風立ちぬ

スタジオジブリの最新作『風たちぬ』、主演声優は庵野秀明さん。そうあの『新世紀エヴァンゲリオン』新劇場版シリーズの総監督である。
大丈夫かいな~?というのが正直な感想。まぁ宮崎さんがOK出したのなら良しとしよう。でも心配。すごく心配!すご~~くすご~~く心配!!超心配です。


庵野さんが演じるのは主人公となる青年技師・堀越二郎。実在の人物で、三菱重工で零戦の設計主任として有名ですね。
そして彼と同時代を生きた文学者の堀辰雄の半生が映画の主題となっています。


主題歌は荒井由実「ひこうき雲」、魔女宅以来ですね。ちなみにこの映画、松田聖子さんとは何の関係もありません。


風立ちぬ
7月20日(土)より、 全国東宝系にて全国ロードショー
風立ちぬ 公式サイト


原作・脚本・監督: 宮崎駿(「月刊モデルグラフィックス」連載)
音楽: 久石譲(サントラ/徳間ジャパンコミュニケーションズ)
主題歌: 「ひこうき雲」荒井由実(EMI Records Japan)


コメントの投稿はこちら


小栗旬 ハーロック

小栗旬 ハーロック

小栗旬 ハーロック

『アルカディア号が渋谷に出現』というから、アルカディア号の巨大模型でも展示してるのかと思いましたが、 渋谷で大々的なプロモーションが展開されるという物だった。
ポスターが貼られたり、朝日新聞の号外が配られたりと映画を盛り上げているようです。
尚、ポスタージャックは5月14日までの限定。


総制作費が3000万ドル、約30億円ですか・・・ 果たして興行収入が総制作費を上回ることができるか、赤字にならないように祈っております。



キャプテンハーロック
2013年9月7日(土)全国ロードショー
配給: 東映
『キャプテンハーロック』公式サイト


[声の出演]
小栗旬  三浦春馬
蒼井優 / 古田新太  福田綾乃
森川智之  坂本真綾  沢城みゆき / 小林静志 / 大塚周夫


[スタッフ]
原作総設定: 松本零士
監督: 荒牧伸志
脚本 :福井晴敏  竹内清人


コメントの投稿はこちら